沿革Milestones

1954年(昭和29年) 株式会社 明石機械製作所内(現明石機械工業株式会社)にてFRP成形の調査研究を開始する
1960年(昭和35年) 燃料タンクの生産開始、化工部として製造部より分離
日本国有鉄道殿より電車窓枠の試作受注
1962年(昭和37年) 日本国有鉄道殿より電気機関車屋根および新幹線用汚物タンク試作受注、引続き量産受注
三ツ星ベルト株式会社殿より製紙機械FRP板の製作受注
1963年(昭和38年) 松下電工株式会社殿より耐酸蛍光灯カバーおよび『ナショナルクリーントイレ』便槽製作受注
1965年(昭和40年) 8月2日付をもって株式会社明石機械製作所(現明石機械工業株式会社)より分離独立し、現在地にヤシロ化工株式会社を設立、資本金3,000万円、取締役社長に大橋實次が就任
12月 本邦初のSMC成形開始
1966年(昭和41年) 松下電工株式会社殿より『ナショナル浄化槽』の製作受注
松下電工株式会社殿より優良工場の認定を受ける
1967年(昭和42年) 日本国有鉄道殿より寝台電車用の寝台製作を受注
1968年(昭和43年) 資本金を4,500万円に増資
1969年(昭和44年) 松下電工株式会社 化工品事業部殿よりFRP浴槽受注
富士通株式会社殿より電子計算機部品の受注
1971年(昭和46年) 日本国有鉄道殿より在来線汚物タンク受注
1972年(昭和47年) 松下電工株式会社殿よりバスユニット受注
1973年(昭和48年) 川崎重工業株式会社殿よりウォータージェットスキー受注
1974年(昭和49年) 日本国有鉄道殿より天井風道・冷房風道・便所ユニット受注
1975年(昭和50年) 松下電工株式会社殿より塩ビブロー成形便槽および太陽ヒーター受注
1977年(昭和52年) ブリヂストンタイヤ株式会社殿よりパネル水槽用パネル受注
浄化槽JIS認可
1979年(昭和54年) 神戸営業所を開設
1980年(昭和55年) 川崎重工業株式会社殿よりポートライナー窓内張り(不燃性・ハンドレイアップFRP製)受注
川崎重工業株式会社殿より米国フィラデルフィア市市電の内装品受注
日本国有鉄道殿より東北新幹線用側窓内キセ(不燃性SMC)受注
1982年(昭和57年) 川崎重工業株式会社殿より米国フィラデルフィア市地下鉄の内装品受注
注型工法による高級バスの開発
1983年(昭和58年) 川崎重工業株式会社殿より米国ニューヨーク市地下鉄の前頭部、内装品及び椅子等受注
DXアンテナ株式会社殿より衛星放送(DBS)受信用パラボラアンテナ受注
川崎重工業株式会社神戸造船事業部殿より深海救難艇(DSRV)用FRP外板、シュラウドリング、ソナードーム等を受注(NDS2級品)
松下電工株式会社殿よりジュエライトバス(注型工法)の受注
松下電工株式会社殿よりプレス床ハーフユニットの受注
1984年(昭和59年) 社団法人強化プラスチック協会主催29回FRP総合講演会・展示会(FRP CON-EX'84)の製品コンクールにおいて車輌用椅子で通商産業大臣賞を受ける
松下電工株式会社殿より高級戸建用ユニットの受注
1985年(昭和60年) 東京事務所を開設
川崎重工業株式会社殿よりシンガポール地下鉄の前頭部、内装品(ハンドレイアップFRP製)および椅子(SMC)等受注
1986年(昭和61年) 取締役社長に大橋 渡が就任
日本国有鉄道殿より東海道、山陽新幹線用天井風道(不燃性SMC)受注
1987年(昭和62年) 資本金を19,500万円に増資
川崎重工業株式会社殿より西日本旅客鉄道株式会社殿向EC-213系冷風吹出口(難燃性SMC)受注
川崎重工業株式会社殿より米国ニューヨーク市地下鉄R-68Aの前頭部、内装品(極難燃性ハンドレイアップFRP製)および椅子(極難燃性SMC)等受注
1990年(平成2年) 1月1日フットワークコンポジット株式会社に社名変更
2,400トンプレスでのプレス床ハーフ2面取り成形開始
川崎重工業株式会社殿より米国ボストン市客車(MBTA)75両の内装部品受注
川崎重工業株式会社殿より東日本旅客鉄道株式会社殿向スーパー日立(651系)、スーパーおどりこ(251系)、成田エクスプレス(253系)用内装部品受注
1991年(平成3年) フットワークコンポジット株式会社の設計部門を独立しエフシーエンジニアリング株式会社を設立
川崎重工業株式会社殿より東日本旅客鉄道株式会社殿向ミニ新幹線(400系)用内装部品受注
KAWASAKI RAIL CAR,INC.殿よりDPM客車用部品(ハンドレイアップFRP製)受注
米国内FRP MOLDER(Gold Shield Fiberglass Of Indiana,INC)と技術提携開始
1992年(平成4年) 川崎重工業株式会社殿より東日本旅客鉄道株式会社殿向次世代通勤電車部品(不燃性ハンドレイアップおよびSMC製品)受注
川崎重工業株式会社殿より台北地下鉄部品(極難燃性ハンドレイアップおよびSMC製品)受注
1994年(平成6年) GE横河メディカル株式会社殿より医療機器FRP部品受注
1996年(平成8年) 中国江蘇省錫山市に合弁会社 『無錫富得沃克複合材料有限公司設立』(無錫フットワーク)設立
松下電工株式会社殿よりライフステージ分割床パン受注
1998年(平成10年) 川崎重工業株式会社殿より700系新幹線電車部品受注
川崎重工業株式会社殿より米国ロングアイランド向車両部品受注
川崎重工業株式会社 造船事業部殿より防衛庁向深海救難艇第2号FRP部品受注
松下電工株式会社殿向ナイスバスルームEシリーズ(バリアフリータイプ)生産開始
1999年(平成11年) 川崎重工業株式会社殿よりニューヨーク地下鉄電車(R142A)部品受注
川崎重工業株式会社殿、日本車輌製造株式会社殿よりシンガポール地下鉄電車部品受注
2000年(平成12年) 松下電工株式会社殿向 特選ESシリーズ生産開始
2001年(平成13年) 取締役社長に大橋美清が就任
5月1日付をもって社名をヤシロコンポジット株式会社に変更
無錫富得沃克複合材料有限公司の社名を無錫雅喜路複合材料有限公司に変更
松下電工株式会社殿向ファミーナシリーズ生産開始
川崎重工業株式会社殿よりニューヨーク地下鉄電車(R143)部品受注
2002年(平成14年) 松下電工株式会社殿向リラッセシリーズ生産開始
GE Medical Systems殿より医療機器用メトン部品受注(無錫雅喜路複合材料有限公司で生産)
2004年(平成16年) 川崎重工業株式会社殿より台湾新幹線部品受注
2005年(平成17年) 青島康平鉄道GRP有限公司殿 中国高速鉄道(EMU)技術移転
川崎重工業株式会社殿より台北地下鉄電車部品受注
近畿車輌株式会社殿よりドバイ内装品及び前頭オオイ受注
2006年(平成18年) 芦森工業株式会社殿向け管更生事業開始
2007年(平成19年) 独資会社 雅喜路(宜興)複合材料有限公司設立
三菱重工株式会社殿 風力発電部品受注
株式会社チャレンヂ殿 CFRPディフューザー,アンダーカバー受注
2008年(平成20年) 資本金を23,500万円に増資
株式会社日立製作所殿より英国CTRL 前頭オオイ受注
2011年(平成23年) 取締役社長に橋本良明が就任
2012年(平成24年) オージー技研株式会社殿 介護浴槽受注
川崎重工業株式会社殿よりアメリカメトロノース鉄道M8電車部品受注
川崎重工業株式会社殿よりワシントンメトロ(WMATA)電車部品受注
2014年(平成26年) パナソニックエコソリューションズ住宅設備株式会社殿よりプレス床ハーフ受注
2015年(平成27年) 子会社である設計部門 エフシーエンジニアリング株式会社を吸収合併
ヤシロコンポジット株式会社 神戸支店(設計部門)開設
株式会社日立製作所殿 英国IEP トイレユニット受注
2017年(平成29年) 無錫雅喜路複合材料有限公司の事業集約により雅喜路(宜興)複合材料有限公司へ業務移管